大晦日

161231-073436_R2.jpg
ルーニーが点滴の翌日なのでロングコースの散歩でした。
と、昨日撮りそこねた「ど干潮風景」のリベンジ撮影。

今は年中でも朝方の干潮の潮位がとりわけ低くなる時期です。
大潮を過ぎて今日から中潮なんですが、昨日よりは潮位がぐんと低くて
普段の干潮では露わにならないところまで干上がっていました。

161231-072818_R.jpg
ちょっとめんどくさそうなルーニー

更新ペースが低空飛行のようと揶揄されている朝なぎブログですが
どうやら筆者は更新をやめる気はまだないようです。

今年も一年それでもこのブログを応援してくださった読者の皆様に
心から感謝いたします。 また来年もご愛読くださいますようお願い申し上げます。
どうか皆様よいお年をお迎えくださいませ。  ありがとうございました。

あと今日・明日

161230-073620_R.jpg
旧暦2日は大潮。もっと「ど干潮」の風景を期待していましたが
7時を回って浜を通りかかった時にはすでに潮がだいぶん満ちてきていました。
今日はのびのびになっている店の大掃除にとりかからなくては・・・

東門前

  • Day:2016.12.27 09:50
  • Cat:
161227-093338_R.jpg
笠岡小学校東門の信号から駅方向をのぞむ。
無電柱&無電線のおかげで空がびっくりするほど広く見えたのでパチリ。
雨が上がって西の風が出てきました。
161227-093438_R.jpg
東門前のお堀に泳ぐナナマルくんは
体高がすばらしく、まるでマダイ。

陽気

161220-074529_R.jpg
人が物を置いた所にやってきて陣取る習性は犬も猫もよく似ているようです。
朝方は雨でしたが午後からは晴れて春のような暖かさになりました。

グレ釣り

161217-092358_R.jpg

レンタルボート清家さんでのグレ狙いの掛り釣りでした。
いつもの湾内のポイントよりもう少し沖にあるポイントの方がいいと
清家さんからのアドバイス。水深はやはり40m弱でやや深め。
釣り方は相変わらず中層でダンゴを割ってタナを落としながらのあのやり方です。

ジアイはお昼からのやや潮が緩んだタイミングでした。
この日同行だった遊潮丸の高橋船長はダンゴ釣りは久しぶり・・・
とのことでしたが仕掛けを上手く流し込んではアタリを次々と掛け合わせて
尾長グレやカンパチ、マダイを取り込んでいました。

ダンゴの撒餌が効いて魚の活性も上がってきた頃、私の竿にも待望のアタリ。
何度か強烈な締め込みをかわしながら手繰り寄せてあと数メートルなんですが
釣り座の潮下にコワリを固定してあるロープが走っているらしく、これにラインが
ガリガリ擦れてたいへん嫌な手触りです。それでもそれでも必死で巻き取って
もう魚体が確認できるかというところで最後にギューン!同時にブチンでお終い・・・・

気を取り直して数投後、先ほどと同じアタリで穂先が海中に突き刺さっていきました。
重量感たっぷりな締め込みですがさっきのほどは大きくない様子です。
ロープとは反対の「安全な」向きに走ってくれたのでこれは難なく取り込み完了。
いつもは口太グレがたいていなんですが、釣れ上がったのは尾長グレでした。

その後も良型のチダイやマダイが気持ちよく竿先を舞いこませるアタリで楽しませて
くれていましたが、沖からの風も徐々に強さを増してきていて辺り一面白波が飛び始め
たので安全を優先して撤収としました。

ダンゴの配合は、ヌカと砂をベースにチヌパワームギ、アミエビ4キロ
サシエは青虫(アオイソメ)。 フロロ2.5号通し。 針、ハヤブサ瞬貫真鯛5号。

釣行記というよりは備忘録になりました。