タイラバ

160825-052830_R.jpg
永山丸さんでタイラバに行ってきました。
笠岡港を5:30出船。塩飽諸島のポイントまでは30分程で到着。


潮は旧暦23日で小潮でした。
引き潮のしっかりした流れがある朝マズメの一時が
最高のチャンスとなりそうなのでこのタイミングを逃さずに
釣ってほしいと永山船長。

最近良型のマダイが高確率で釣れているネクタイのカラーは
あまり馴染みのない「グリーン」とのこと。
永山船長がこのカラーのネクタイを用意するよういつになく強くすすめるので
半信半疑ながら数セット組み上げて持参し使ってみました。

水深15mほどの砂地。浅くなったり、やや深くなったりのラインを
エンジンオフのどてら流し。流速1ノット強と理想的な状態です。
160825-062614_R.jpg
「今日の朝イチは釣れるよっ!」という永山船長の予告どおり
開始早々から釣れました。

160825-063654_R.jpg
高水温期特有の強烈なひったくりアタリで50クラス連発。


160826-074546_R.jpg
エビオレンジ+赤とか、(ど)定番のオレンジのネクタイには
さっぱりアタリがありませんでした。フグやエソでさえ
食ってきたのはこのグリーンのネクタイでした。


160825-151106_R.jpg
大型マダイが浅場で活発に餌を漁る夏の好機に
何としても60クラスを獲りたいんですが
8月も終わりとなってしまった現時点でまだ・・・・

処暑

毎日毎日「暑い暑い」と口に出すのも飽きてきました。
「処暑」は暑さも峠を越える頃・・・とのこと
そろそろ涼しくなってほしいものです。

暑くてもアンダーコートを脱がないルーニーは
当然ながら夏がたいへん苦手です。

160721-101931_R.jpg
ソファーでテレ~っ、でもじっとしていると背中に熱がこもる。

160820-082928_R.jpg
寝室の床ならどうだ?
160823-083232_R.jpg
ベランダに出てみたいけど過去に何度も締め出しを
食らった苦い経験から、やや警戒。
160823-082705_R.jpg
結局は風通し重視らしく、玄関へ落ち着きました。
どうやらここがいちばん過ごしやすいらしく寝そべって自宅警備。

午後便でタイラバ

遊潮丸さんの午後便でタイラバでした。
好調な一つテンヤでの釣果が伝えられるなか、どうしてもタイラバをやりたい意固地な私・・・
この日もテンヤ組の方たちは釣り開始早々から、マダイやアコウを次々と釣り上げていました。

20160819112305e_R.jpg

起伏の激しい岩礁に仕掛けを取られないように、着底を感じると間髪入れずに
巻き取りにかかります。容赦ない西日がまともに照り付けてくるので、
キャビンの作る影に隠れるようにして釣りを続けていると待望のマダイからのアタリ!
水深10mほどの激浅ポイントで掛けたので、走り回られましたが無事取り込み完了。
おかずが取れたのでとりあえず・・・「ホッ」



160818-183240_R.jpg

引き潮の流れも徐々にゆるんでしまうとアタリも散発的に・・・
再び満ち潮が動き始めるとテンヤにはぼつぼつアタリが続いていましたが、
日没でゲームセット。


160818-190516_R.jpg

日が沈むと反対の空には月が昇ってきました。
スマホの写真では全然表現できていませんが、
既に秋を思わせるような大きな月でした。

160818-185433_R.jpg

一つテンヤで上手く釣られる方は昼からの釣行でも私の3倍くらいの釣果です。
アコウやマダイを山ほど釣りたい方は遊潮丸へGO!
おすすめはやはりゆっくり釣れる朝出船の通常便です。



朝顔2016

160817-065748_R.jpg
発芽してからの展開があまりにも貧相で今年は不作なのかと嘆いていると
夏も後半になって次々と花を咲かせてくれるようになりました。
ブルーも同時に蒔いた!とのことですが・・・・なぜか紫オンリー。