ちょっと遅い

160624-144312_R.jpg
雨も完全に降り止んだ14:40頃。
緊急告知FMラジオが突然起動!
放送されたのは「避難準備情報」でした。

今日の大雨に関する情報は前日からの気象情報で
あらかたの予測はできていたはず。
避難に関する重要な情報はもう少し早い段階で
流されるほうが役に立つように感じました。

ひとつテンヤ釣行 遊潮丸

遊潮丸さんでお世話になってここ数年人気上昇中の「ひとつテンヤ」を使った
マダイ・アコウ狙いの釣行に出掛けてきました。

このブログでも度々ご紹介している疑似餌の一種であるタイラバ
と違って、ひとつテンヤの釣りは活きた海エビを刺し餌に使います。

では、ひとつテンヤはいわゆる餌釣りなのかというとそうではなく、
エビ餌の付いたテンヤをしゃくったり、落とし込んだりと、
仕掛けの動きを見せることで魚に捕食のスイッチを入れさせて
針掛りに持ち込むという点ではルアーフィッシングの要素もミックス
させたような独特の趣を持った釣りです。

2.7mのロッドに2500番のスピニングリール。道糸にPE0.6号、
リーダーはフロロカーボン2.5号、テンヤ5号という道具建て。

仕掛けを投入して底が取れたらすかさずピュンピュンっ!と
ロッドを煽ってテンヤをしゃくりあげる。(エビが海底から飛び上がる様を演出)

そして今度はロッドの先を徐々に下げて舞い上がったテンヤを
ゆっくりと海底まで送り込みながら落下途中や着底間際に
刺し餌のエビを食いに来る一瞬のアタリをアクティブに掛けアワセます。

朝から強風に加えて予報通りの雨という芳しくない天気でしたが
引き潮のジアイでは活発なアタリが連続してマダイや良型のアコウ
を釣り上げることができました。
160616-121141_Re.jpg
ひとつテンヤでのマダイ・アコウ釣りのお問合せは遊潮丸さん。
マダイ・アコウの他にも多彩なゲストフィッシュで楽しめますよ!


160611-194227_R.jpg
これが「ひとつテンヤ」
テンヤオモリに大きな親針。
ごつめのマダイ針の孫針付き。

6月6日「補聴器の日」

  • Day:2016.06.06 09:45
  • Cat:
これまでにもこのブログでもお伝えしましたように6月6日は「補聴器の日」です。

補聴器を使用することで円滑な会話を楽しめたり、
外出時に周囲の音が聞こえることで未然に危険回避ができたりと、
その小さなカタチからは想像もつかないくらい大きく大切な役割を
果たしてくれます。

技術革新が進むなか補聴器もまためざましい進化を遂げています。
私たち補聴器技能者は補聴器とそれらを使う人を上手く結び付けながら、
聞こえの水先案内人としてお役に立ちたいと考えております。



以下補聴器販売店協会HPより一部抜粋
6月は補聴器の大敵である高温・多湿の季節の始まりであり、
すでにご使用中のお客様の補聴器を末永くご愛用していただくために
メンテナンスをお願いする大切な時期であること、
また6月6日の数字は片方を裏返すと「6と∂」ちょうど
両耳の穴のようなかたちになること、ゾロ目で大変覚えやすいとして、
平成11年に「6月6日は補聴器の日」と制定いたしました。