大人買い

151030-132506_R.jpg
午後から予定されている商店街のハロウィンイベントに備えて
お菓子をしこたま仕入れてきました。さあ、いらっしゃい!

お菓子のことなら
笠岡東本町・平井菓子店さんまで!

Sさん艇で青物

遊潮丸高橋船長の友人であるSさんのマイボートで、粟島周辺の青物狙いの釣行でした。
ブリクラスの大物が掛かることも!というエキサイティングな前情報。
151029-061728_R.jpg

151029-061814_R.jpg
ボートのオーナーSさんの操船でポイントへ。

青物釣りはコノシロ餌にした「泳がせ釣り」。
荘内半島周辺の湾内数箇所で、餌にするコノシロを探しますが、
残念ながら全くいません。たまに水面に浮いて姿を見せるのは
イワシのような小魚だけ・・・ 今年はコノシロの回遊が少ないらしいです。

いないコノシロを無理に探しまわってみてもムダとのSさんの判断で、
青物はあきらめて、テンヤでのタチウオ狙いに変更することになりました。

大潮ということもあって半島周辺ポイントはどこも潮の流れが速く
満潮をはさんで引き潮を迎えるまではタチウオ釣りも厳しい状況でしたが
ジアイと予想される引き潮のトロンとした流れになってくるとタチウオからの
活発なアタリを感じるようになりました。

決まってアタリがあったのは底から2mくらい上と、10m上。
アタリのほとんどはフワフワっとした食い上げアタリから始るもので
ここからをどうやって「本気食い」に持ち込むかが肝となりました。


最近、いわゆる早アワセの釣りが大流行していますが、
食い上げ直後のモソモソでアワセを入れるとすべて空振りでした。

テンション抜けを感じたら、巻き上げてとりあえずテンションを保つ。
ここですぐに強いアタリになればすかさずアワセを入れますが・・・
タチウオもそんなにイージーにアタってはくれません。

食って来なければ、ゆっくりと一定速で50cmほど巻き上げて一旦止める。
強い目のシェイクを数回チョンチョン。ピタリ止める。・・・やる気のあるやつはここでギュっ!

しばらくの間バタバタと忙しいくらいに釣れていましたが
流れのコースが一定しなくなり、タチウオからの反応も
ぷっつりと途絶えてしまいました。



151029-153252_R.jpg
釣行後マリーナに帰港するとクレーンで持ち上げられて上架。
実はこの様子を撮影したかったのですが、カメラも携帯も、
釣り上げられているボートのデッキにあるので・・・撮れませんでした。
サンダーバードが好きな方にはたまらない画になっていたかも。

真水でデッキや船体を洗浄します。陸上保管なので、
藻やフジツボなどが船底に発生することはもちろんなしなのだそうです。

151029-153324_R.jpg
上架後は格納庫へ。
Sさんたいへんお世話になりました。
またタイラバでおじゃまさせてください!


151029-163727_R.jpg
瀬戸大橋から見た夕陽。
プライベート釣行に参加させてくださった高橋船長、ありがとうございました。

落ち葉

151023-075200_R.jpg
街路樹のケヤキが葉を落としはじめました。
見事な紅葉はやがて哀愁漂う落葉へと・・・
晩秋の街かどの演出としては最高なんですが
実は落ち葉の掃除がタイヘンなんです。

落葉シーズン前に業者さんが枝打ちしてくれれば
落ち葉の量は激減!となりますが、美しい紅葉を
楽しむ趣は半減してしまいます。

今年はどうやら「切らない年」のようで、このままいくと
落ち葉MAX状態でシーズンを迎えることになりそうです。
そうなれば受けるこちらも腹をくくるしかない訳で
もうここはドンと来いの心境になるしかありません。



10月26日追記

151026-161657_R.jpg
今年も枝打ち作業が始りました!
「切らない・・」ではありませんでした。

成羽川散策

  • Day:2015.10.23 22:45
  • Cat:自然
家内の唐突なリクエストは「河原歩き」。
さて、どこに行こうか・・・・
新見市方面への出張の時、県道からチラッとだけ見える
土管を寄せ集めたカタチの橋があったのを思い出しました。


151022-081751_R.jpg
陽が昇ると朝もやも晴れてきました。
テクテク歩いて散策開始。

151022-094107_R.jpg


151022-093949_R.jpg
透き通った流れにはエビがいっぱいいました。 
いつまでもじーっと水中を眺めてしまいます。



ここからしばらくの間、撮り手交代。
151022-082523_R.jpg


151022-084436_R.jpg

151022-084232_R.jpg

151022-085611_R.jpg

151022-085503_R.jpg

151022-094125_R.jpg


151022-083718_R.jpg
今回のテーマは逆光を撮りこなしてみたい!だったそうです。


151022-090358_R.jpg
赤い鉄橋のところまで歩きました。
下流に向かって小道はまだまだ続きますがここで折り返しました。


151022-094345_R.jpg
ノミ・・?草むらを気にせず歩きまわったので
首周りはヒッツキモッツキだらけ。

タチウオ釣行 遊潮丸


タチウオ狙いで遊潮丸さんにお世話になっての釣行でした。
10月に入ってからは連日好調が伝えられてはいたものの、
釣行前日の状況は「魚影なし・・反応なし・・」とのこと。
これはタチウオ釣りではよくある釣れ具合のムラなんですが
好不調の振れ幅は相当に激しいので、案内してくれる船長も
釣行する度ごとのポイント選びには頭を悩ませてしまうのだそうです。
151015-062940_Re.jpg
雨の釣行が続いた今シーズンでしたが、この日はそんな心配もなく、
海はご覧のとおりのベタ凪でした。


151015-092002_R.jpg
アタリはひっきりなしにあって退屈しませんでした。
取り込み途中に共食いされそうになったのか傷だらけ。


トモの釣り座からは魚が掛かるたびにギャンギャンと電動リールの音!
常連さん達は釣り開始直後から連発の様子でにぎやかな声も聞えてきます。

水深40mほど。魚影があるのは水深25m付近と船長のコール。
タナを合わせてからは、ストップ&ゴーの巻き取りでアタリを拾います。
途中時々細かいシャクリを入れたりシェイクしたりのアクションも必須です。


151015-095207_R.jpg
この日、食いアタリのパターンは大半が「食い上げアタリ」でした。
シャクリやシェイクの後、タチウオに食わせるの間を与えるように
ちょっと間テンヤの動きを止めてやると、竿先にかかっていた
テンションがフワァ~っと抜けていきます。道糸のPEが浮いてくることも!


この食い上げアタリに対してはラインのたるみを素早くリールで巻き取り
間髪入れずに即アワセで対応して針掛かりさせるのが基本で、
テンション抜けの瞬間をボケーっと見送ってしまうとたいていは
餌だけまんまとかすめ盗られます。

食い上げに対しては超高速巻き取りと鬼アワセで必死に対応してやりますが
針掛かりするのは5回に1回程度という歯がゆさです。(アンタが下手なだけなのでは?)

そこで、たるみを巻き取るところまでは全速力で行い、
もう1回竿先だけの小さなシャクリをチョンと入れてやると、
そこからはモゴモゴとしたアタリに変わって数秒間連続。
タイミングの取れるところでバシっ!とアワセると振り上げた竿に
肩の高さでドーン!と針掛かりしたタチウオの重みが乗ってきます。

151015-084525_Re.jpg
タダ巻きでズルズルやっていると、アタリこそあるものの
決め手になるアタリを出してくれません。

151015-100241_R.jpg
ベイトの遊泳層の加減なのか、タチウオも中層でヒットするものがほとんどでした。
コレはこの日にしては珍しく、着底から巻き上げ即でアタリがあって釣れた1尾。
今や懐かしい「巻き上げの釣り方」で釣れたのでカメラに収まってもらいました。

151015-112353_R.jpg
船長とこの日のアタリのパターンなどについて話しながら釣っていたら、
深い目のタナ(30m位?)で、例のテンション抜け。
ヨシ来た!と思った次の瞬間、いきなりの押さえ込み。
まるでマダイの良型を思わせるような強烈なファイトでした。


151015-112501_R.jpg
チビの私が持つと、デカさが余計に強調されてます。


いよいよ最盛期に突入するタチウオ釣り。
お問い合わせは遊潮丸さんまで!