自宅玄関にカニ!

  • Day:2015.05.30 23:53
  • Cat:自然
150530-095647_Re.jpg
1階の出入り口付近での出没・目撃はよくあることなのでさほど驚きませんが、
3階では少々びっくりです。さていったいどこからどうやってここに来てしまったのやら・・・・

そういえば、、今朝のルーニーの散歩コースは沖堤防。
いちばん海側に面する通路状になったコンクリートの上は
カニがそこらじゅう這い回っていた。ルーーニーが用をしたので
たしかビニール袋を取り出そうとバッグを地面にチョッとだけ置いた。
カニはおそらくその時に入り込んだ・・と考えるのがどうやら順当なようです。

カニさんには撮影に協力してもらった後、近くの河口に放流してお帰りいただきました。

タチウオ&キス調査

150528-063341_R.jpg

150528-124804_R.jpg
とりあえずミッションコンプリート。
5月にタチウオ(狙って)釣ったのは初めてです。

しまなみ周辺の五目釣りについてのお問い合わせは
ナンでも釣らせる遊潮丸さんまでお願いいたします。

籠城

150525-145535_R.jpg
急に暑くなりました。昼休憩で連れ帰ると奥の部屋へ向かってスタスタ。
夕方の西日タイムまではここがいちばん涼しいのをルーニーはよく知っています。
よほど居心地が良いとみえて、店に連れ戻そうとリードを持っていくと
この目つきでジロリ&低い声で「ウぅぅーっ・・・」

ヤマアジサイ

150523-133521_R.jpg
昨年家内が買い求めてきた時にはどことなく頼りない印象でしたが 
今年は元気を取り戻したらしく、花の色もずいぶんしっかりとしました。

木曜日の詳細

150520-060250_R.jpg
遊潮丸・高橋船長の案内で、しまなみ周辺のタイラバに出掛けてきました。
快晴・海は凪。


150520-074952_R.jpg
遊潮丸では、ポイントによってはパラシュートアンカーを使用します。
潮の流れに対して仕掛けが真っ直ぐに海底まで沈下するため
底根の起伏が荒いポイントでも根掛かりをある程度回避することができます。

ただしポイントを移動する度のパラシュートアンカー投入と回収は当然ながら
手間と労力を要しますので、Run&Gunを繰り返すタイラバでのマダイや
アコウ狙いでこれを積極的に使っている遊漁船はそう多くはないはずです。



150521-090332_R.jpg
良型のアコウがヒットしたのは満ち潮が速くなり始めてそろそろ
ポイントを移動しようかというタイミングでした。着底と同時にひったくられて
ほぼ自動的にフッキング。ファーストランの底走りをなんとかかわし
ドラグをやや強くしたこともあって割とすんなり上がるかと思いきや・・・
中盤から猛反発で引き込まれました。その後は重みをバットでためながら
ジワジワと浮かせて無事取り込み完了となりました。 ファイト中を船長が撮影。

150521-160225_R.jpg
開始早々から気持ち良く連発。「今日はいったいナンボ釣れるんじゃろ?」
調子に乗ってあらぬ期待をしましたが・・・・そこまででした。


150521-172612_R.jpg
ストレートネクタイエビオレンジと赤の組み合わせは何年も定番。
この日、カラーリングに関しては船中でいちばん地味だったと思います。