サイケな鯛

130630-173655_R.jpg
午後、やまもすさんがひょっこりと
茶封筒からなにやら出できたのは極彩色の鯛!
「威風堂堂」 片岡鶴太郎氏 作


黒鯛工房の穂先リメイクの相談とかいろいろ。
この方のチヌ好き具合は半端ではございません。

今日もお土産どっさりで恐縮です。ありがとうございました。

タイラバ釣行 永山丸

130627-101253_R.jpg
前日の大雨の影響は免れない状況でした。
降雨直後、海へ流れ出た大量の雨水は海水と混ざり合うことはなく、表層を漂います。
写真半分から左はこの海域の普段の色、右の白けた水色のところが雨水を含んだ「水潮」です。

時間の経過とともに、この極端な分離状態は解消されていく訳ですが、
ここまでクッキリとした色分け状態を目の当りにするのは初めてでした。

水潮になっている海面には、河川から流出したゴミも大量に浮かんでいます。
中には数mもある大きな流木や長い竹、衣装ケースのようなコンテナ?などもあって
船が高速で航行中に接触すると船体やプロペラなどにダメージを与えそうで危険です。


130627-103506_R.jpg
厳しい状況でしたが、
船中一枚目のマダイを釣り上げたのは、この日同行してくださったYさん。
一瞬のかすかなバイトを見逃すことなく本アタリに持ち込んだ様子で
いつもながらに嬉しそうな笑顔は、先を越されているこちらまでが楽しくなるほど!

釣れない状況でも投げ出さずにキープキャスティングの姿勢は、
私のやる気も最後まできっちりキープさせてくれました。


満ち潮の力強い流れが出始めた頃には私にもアタリが連続しました。
活性がそれほど高くないのか、底べったりのタナでアタリます。
比較的強いアタリなのでマダイからのものであることは間違いない様子。

着底からの巻き上げ直後にグンッ! 底から2m位でもグイッグイッ! でもあとは沈黙・・・・
アタリはするもののこんなショートバイトばかりです。

濁りがあるので基本はゆっくり巻きです。このスピードが合わないのか?
逆にスピードをつけて巻くとこれではほんとうに何~にもアタリません。

130627-080615_R.jpg
こんなショートバイト連続時のために、いつものヒラマサ・ブリ王で製作したアシストフックを、
「小鯛(撞木)銀12号」のアシストフックにチェンジしてみました。

ヒラマサ・・・ほどの圧倒的な強度はないものの、細めの軸で自動的なフッキングを
狙うのにはよさそうなので、試験的に数組製作して持ち込んでいました。
右の金色がヒラマサ・ブリ王  左の銀色が小鯛撞木12号。

盛夏からの大型対応には強度面での信頼性が乏しいので、
今のところショートバイト対策フックという位置づけです。

やがてきつい濁り潮が流れ始めて、ショートバイトすらなくなったタイミングで大きくポイント移動。
何箇所がめぼしいポイントで流しのラインを変えながら丹念に反応を探していく永山船長。
ポイントの状態と魚探に鋭い視線を送りながらも餌釣りでは良型のキスやカサゴ。
またタイミングによってはサビキ仕掛けでママカリやイワシを釣り上げて、
乗り合いメンバーのお土産を確保してくれました。
130627-140019_R.jpg
釣り終了後、イケスのママカリとイワシを掬いダモで追いかける船長。
魚の素早い動きでなかなか水揚げできず、チョッとイライラしています(笑)




Yさん「技ありの一尾」と船長のお土産魚ゲットはよくわかったとして、
私の釣果はといいますと・・・
きょうもまたまたショートバイト&バラシで四苦八苦でした。

チャンスではアタリの数はそこそこありましたが、上手くフッキングに持ち込めないのと
まだまだやらかしてしまう大事な場面でのバラシ・モガシ・えとせとら。 ハハハ~~

中盤でやっと釣り上げることができたサンマルで、今期ようやく両目オープンとなりました。



Yさんが撮影してくれました。 
130627-112620_R.jpg
アシストフックのチェンジが効を奏したのかどうかはまだハッキリしません。



130629-164632_R.jpg
ケイムラカラーが"不発"の今シーズン、
しぶといつなぎ役をこなしてくれているパターンがこちら↑

ヘッド: 鉛45g無塗装
ネクタイ: カンジインターナショナル コパーラッシュ太・細×レッド細 合計3本
スカート: DuelソルティーラバーORBL
フック: がまかつ小鯛(撞木)銀12号 シーハンター10号

県北ぐるり

  • Day:2013.06.28 18:20
  • Cat:

北へ行くほどいい天気になりました。
雲は低いものの、青空も見えて気持ちのいい陽気。
R180の工事箇所が無くなったため車の流れもスムーズになりました。

130628-112454_R.jpg
新見市正田 

ヒント

130627-153249_R.jpg
きょう釣り上げたマダイの胃の内容物です。
1.5cm位のヒトデ、同寸の小魚(魚種不明)、その他。

数年前に白石島沖で釣り上げたロクゴは10cm位のヒトデ(足の部分)を丸呑みしていました。
ヒトデはマダイの好物なのでしょうか?だとすると、このムラサキ色をネクタイやスカートに
取り入れると・・・・いつかまた試してみたくなりました!

雨上がり

130623-083054_R.jpg
未明からの土砂降りには驚きました。
天気予報によると明日は降水確率も低めとのこと・・・
さて魚の活性はどうなんでしょうか?