木曜日の釣行詳細

マイボートオーナーのMさんにお世話になっての釣行でした。
今回の釣行を計画した時点での天気予報は「曇り時々雨」でしたが、
当日は時々晴れ間ものぞくまずまずの天候となり、ゆっくり釣りを楽しむことができました。

平日ということもあって、ポイントに集まるタチウオ狙いの船の数は20パイ程度で
ひどい混雑ではありませんでした。

これは浅口市内有名釣具店店長艇。
IMGP0925_R.jpg
大潮周りとなったここ数日は、タチウオに関しては全体的に釣況がおもわしくなく、
当日も、朝から渋い状況が続いていました。

アタリは散発的で、これといったジアイの訪れがないまま時間が過ぎていきました。
たまに竿先にもたれてくるのはコウイカです。
これも高活性な時には、テンヤに抱きついて針掛かりすることも珍しくありませんが、
小さなアタリで餌を細かく齧るだけで、取り込むことはできませんでした。

たまにタチウオらしき前アタリを感じることがあったものの、アワセに至るような
強烈なものではなく、ミスバイトや途中止めのアタリを感じるだけの寂しいものでした。

しかし、MさんはというとジグとテンヤでF4~5それぞれ1本ずつ、
計2本を見事に捻り出していました。

IMGP0946_R.jpg IMGP0958_R.jpg
左コウイカにつつかれるとこんな感じ。   右はガツンと衝撃を感じた後何も起こらなかった。

IMGP0962_R.jpg
とうとう満潮を迎え、やがて引き潮に移るタイミングとなりました。
「絶対なんとかしちゃる!」と気合を入れ直すものの、
状況に一切の変化が見られないため、タチウオ釣りはここで終了としました。
「去る者は追わずがワシのポリシーよっ!」と言い放ってやりたかったのですが、
私が全くタチウオに相手にされなかったというのが正直なところでした。






気持ちも新たに第二部はカサゴ狙いです。
ポイントも大きく変わって、Mさん秘蔵のアジロを流していくと、
早速竿先に大きなアタリが伝わり、上がってきたのはこの一匹でした。
IMGP1008_R.jpg
サイズは大したものではありませんでしたが、
この一匹で大いに元気を取り戻すことができました。

胴突き2本針仕掛けにサシエは冷凍イカナゴ。ホゴオモリ15号。
起伏の激しい岩礁に細心の注意を払いながら、次のアタリを待っていると、
今度は、竿先をいきなり引っ張り込むアタリ!

一瞬根掛かりを思わせるような重量感ですが、グイグイと暴れまわる動きが
ひん曲がったバットまで伝わります。ここは素早く巻き取らないと
相手のペースで根に潜られてしまいますので、こちらも構わず竿を起こしながら
リールのハンドルをフル回転。

IMGP1023_R.jpg
そして上がってきたのはコチラ~!
500mlのペットボトルを上回る良型でした。
IMGP1047_R.jpg
Mさんここでも緩めません。
良型をダブルで取り込みます。

出船前、わざわざ釣具店に立ち寄って、
冷凍イカナゴをしっかりと買い求めていた
Mさんのしたたかな戦略に脱帽ですね。

IMGP1051_R.jpg
午後からのほんのチョロ間のジアイを攻めた結果、
イケマの中はにわかに賑やかになりました。

時間の経過とともに、引き潮の流れもさらにまったりとしてしまい、
釣り易い状態にこそなってきましたが、アタリも遠くなってストップフィッシング。
IMGP1072_R.jpg
何故か食い気を起こしてくれなかったタチウオには往生させられましたが、
結果的には良型連発となったカサゴ狙いでの思わぬ好釣果に、
Mさんと二人、ポイントを後にしながらニヤニヤすることしきりでした。
IMGP1083_R.jpg
タチウオ終了後に、「タイラバやりたいですぅ」と半ばくさりかけていました。
「カサゴ狙いに徹してみましょう。」と冷静に諭してくださったMさんの一言で
お土産たっぷりな釣行となって、この日を締めくくることができました。

早朝よりポイントチェックでラン&ガンしてくださったMさん。感謝いたします!

タチウオ釣行のつもりでしたが、、、

IMGP0996_R.jpg
前半のタチウオは激シブ・・・・
このまま撃沈かと思いましたが、
ターゲット変更後は予想外の展開に!

捕り逃がす者、辛くも捕る者。
厳しかった今日を象徴する一枚です。

Stevie Wonder-Living For The City (live1974) HQ

  • Day:2012.11.28 17:59
  • Cat:音楽

補聴器メーカーの営業マン氏と雑談中に音楽の話になりました。
ブラックミュージックなども熱心に聴いていたとの話ですぐに
思い出したのはやはりスティービー・ワンダー。

娘に告ぐ。クボタもいいけど、ルーツを勉強しなせぇ。

効果絶大

IMGP0880_R.jpg
垂れ耳犬に多い、蒸れによって起こる外耳道炎なのかと思っていましたが、
耳垢もひどくなったので、獣医さんで診て頂きました。

炎症の原因はマラセチアと呼ばれる犬の耳内にいる常在菌の異常繁殖によるものでした。
たいていは耳の洗浄液で掃除してやると解消していましたが、今回はなかなか治らなくて
点耳薬を処方していただくことに。
昨日の洗浄・薬液注入開始から経過は良好で、赤い腫れは急速に治まって一安心。

ルーニーは普段でも耳に触ると嫌がります。まして洗浄液注入なんてとんでもないことなので、
今日は近寄っただけでまたやられるのかと構えまくっています。

ということで、、、この大あくびはどうやら私に対する「もうヤメテクレ」というなだめ信号らしい。

ノボリを交換

  • Day:2012.11.26 18:56
  • Cat:
IMGP0853_R.jpg
アイキャッチャーのノボリが古くなったので交換しました。
いつも風に煽られ、排ガスに晒されますので
変色&褪色、ホツレでみすぼらしいことに・・・・



IMGP0860_R.jpg
雨上がりの強い風を受けてはためく「補聴器」の文字。

写真には写っていませんが、ノボリがしっかりと立つように、
植え込みにコンクリートブロック2個で作った台座を設置しています。