タイラバ釣行 永山丸 

濁りにやられた!とはいえ、先週の「坊主」はどうにも納得がいきません。
大潮前の中潮は、潮の動きが良いので魚の活性は上がるものの、強い濁りが発生する
リスクもあって、ちょっと博打的な釣行となりました。

今回もお世話になったのは永山丸さんです。
IMGP8756_R.jpg
ポイントに到着してみると潮色はまずまずで、期待は高まります。
早速仕掛けを投入して、マダイからの反応を探ると、巻き上げ途中に
時々タイラバにアタックしてくるアタリを感じます。


IMGP8773_R.jpg

ショートバイトの正体は小さなマダイのようですが、取り込めないまま時間は経過してゆきます。
満ち潮ポイントは、潮止りとなってしまったので、小移動を繰り返して潮通しの良いポイントを求めます。

満潮からの転流のタイミングで最初に竿を絞りこませたのは、先週同船だったIさんでした。
Iさんもあの日は無釣果だっただけに、取り込み途中の横顔には嬉しさがにじみ出ています。
何度かの突っ込みを上手くかわして浮かせて来たのは、アベレージサイズの45クラス。
魚体のコンディションも抜群のきれいなマダイでした。Iさんはこの後チャリコ1尾をすぐに追加。

次は永山丸常連のKさんの竿が海面に突き刺さって満月状態。結構なサイズのようで、強烈な底走りに
容赦なく引き出されるドラグが悲鳴をあげています。
それでもなんとかリーダー寸前まで巻き取ったところでなんとバラシ!
泣く泣く仕掛けを回収すると、あろうことか針折れ・・・憤慨するKさん、なだめる私。



この日のヒットパターンは私をのぞいて皆さんビンビン玉45gにオレンジの短いネクタイ。これを早巻き。
今期最高ともいえる高活性中なので、封印しかかっていたカーリーオレンジをこのタイミングで投入。
答えはなんと一投目で出ました。

潮上に艇が入り直して、仕掛け投入。ややスローで巻き上げにかかるといきなりギュー!
そのまま自動的にフッキングしてしまうと、ドラグをズリズリ引き出していきます。
まちがいなく良型を確信させる獰猛なトルクがバットまでぶち曲げます。コレはデカイ。

リールのハンドルに手を掛けて数回巻き込んだところで無情にも竿が跳ね上がった。ありゃりゃ・・・
回収したタイラバを見て目を疑いました。何とアシスト切れ。
アシストフックは自作品で、強度にはかなり自信を持っていましたのでこれには凹みました。

IMGP8782_R.jpg
シーハンター10号があっさりとやられました。
スパッときれいに切られているところを見ると、
この辺りに時々いる大型のトラフグ?謎謎謎





昼前になるとそろそろ引き潮も緩む時間帯になりました。
カーリーオレンジへのアタリが遠くなったので、ストレートオレンジ+ケイムラにスイッチしました。
長大シェイプタイラバへのコンタクトが悪い今シーズン用に考えた苦心のパターンです。

と、ここで永山船長の動きが慌しい、どうやらヒットです。
こちらもなんとか一尾と巻き上げにかかると、ズンッ!ドラグがズルズル~!
ジアイとは恐ろしいもので、ダブルヒットとなりました。

「これで無事取り込めたら、"ビクトリークロス"せにぁいけんがなぁ」
結構余計なことを考えてしまいました。  明らかににつりビジョンの見過ぎです。
先にヒットさせた永山船長はタモ入れ成功で取り込み完了。

リーダー直前で何度か引き込まれましたが、掛かり所もよく、伊勢尼13号のフックが2本とも
マダイの口をがっちりと捕らえていましたので、こちらも難なく取り込み完了。
久しぶりのゴーマルキャッチとなりました。



IMGP8789_R.jpg
サブで使用している腰抜けタイラバロッド+コンクェストFのタックルにヒットしてしまいました。
激安PEにリーダーはフロロ5号。MAXドラグでも3.5㎏なので思いっきり走られました(笑)

IMGP8799_R.jpg
ストレートオレンジ+ケイムラ。
相次いだショートバイトでフックは塗装がハゲハゲに・・・


アシスト切れというあり得ないアクシデントはありましたが
充分に楽しめる釣行となりました。


IMGP8804_R.jpg

やっと、、、

IMGP8784_R.jpg
先週と同じ海とは思えないくらいの潮色でした。
普通はこの色でしょ。  詳細は明日!

夏が終わるなぁぁ・・・

  • Day:2012.08.29 20:26
  • Cat:自然

IMGP8744_R.jpg
真っ暗になる前に一枚。
最近は閉店作業を終えるころには陽もとっぷり暮れるようになりました。
きのうの雨で、猛烈な暑さからやっと解放されたように感じます。  まだ蒸し暑いですけどね・・・

ホテイラン


IMGP8740_R.jpg
題材となる植物の特徴を見事に捉えた描写の鋭さや深さが見る者の心を打つ、
やがて鮮烈な印象となって、記憶にしっかりと刻み込まれる。


牧野富太郎博士の描いた細密な植物スケッチの切手。
素敵なこの切手で送られて来たのは、仕入れの請求書。。でしたが。。。。

スケッチを邪魔してない消印スタンプの微妙な位置に感謝。

最近のルーニー


マダイの写真がないぞ~ とは言われませんが、
ルーニーネタは時々リクエストがあります。

暑いので昼間は低活性で"寝るばあ"ですから
コレといった写真がありません。

最近撮りためた中からピックアップしてみました。


IMGP8680_R.jpg
2階の待合で退屈そーうな表情。
目だけ動かしてコチラの行動を見ています。

IMGP8578_R.jpg
釣行前夜のルーニー。せせこましい所にわざわざ収まろうとします。
「たまには連れて行け」ということなんでしょうか?


IMGP7983_R.jpg
午後からは店奥に繋いでおくことも多いです。 お決まりのマゴチのポーズ。

IMGP7981_R.jpg
人の話は良く聞いてますよ!
商談中のやりとりも逃さず聞いているはずです。
そろそろルーニーなりの商売上のいろんなノウハウ、や「引き出し」持ってるかもです。


画像 197_R
ビヒダス箱食い! いえいえそんな贅沢はさせません。
腸内環境コントロールに気を配っている・・でもなくて、
ただのヨーグルト狂なだけです。このまま容器を舐めながらガラガラと押していきます。
手で押さえる器用さはなし。器から出てきた顔はヨーグルトだらけ・・・

IMGP8658_R.jpg
そばに寄ってきてハッハッハッ。
腕に当たる吐息のエキゾーストが熱い熱い。