やっぱり苦手

  • Day:2012.06.30 20:00
  • Cat:
IMGP7786_R.jpg

補聴器販売店協会の支部会費の請求書を発送するオシゴト。
土曜夜市で延長営業中なので、一気にやり上げようとバタバタ。
もうすぐ片付きそうです。

西の空

  • Day:2012.06.29 19:16
  • Cat:
IMGP7740_R.jpg
ここのところ毎日きれいな夕焼けです。                   我が家に上がる階段の途中で撮影。
梅雨明けはまだなんでしょうか・・・・



ノットを組む

IMGP7662_R.jpg
PEラインを新調しました。 安いやつですけどね~

IMGP7664_R.jpg
ラインノッター?として使っているのは丸玉10号オモリ!
IMGP7668_R.jpg
こうしてテンションをかけて・・・

IMGP7693_R.jpg
遠心力でブンブン回してリーダーに絡めていきます。
約3.5cm絡め、そのまま巻き始め部分に向かって折り返して絡めを重ねていきます。
隙間ができないように、且つダマにならないようにブンブン回しで絡めます。

IMGP7696_R.jpg
巻き付け工程終了。
隙間無く巻き付けができていれば、その部分がキュッと固く絞まった手触りになり、
巻き付けられたPEの色が濃くなって見えます。


IMGP7698_R.jpg
ここで丸玉クンのお役は終わり。 ご苦労さん。
IMGP7703_R.jpg
ハーフヒッチを10セット。エンドノットで締めて、
リーダーの端をほんの少し炙って抜け防止にします。

IMGP7708_R.jpg
私の場合、釣行前の儀式みたいな感覚でノットを組むことにしています。
気持ちも新しくなって、な~んか釣れそうな気がするんです。

補聴器用乾燥ケース(強力タイプ)

  • Day:2012.06.27 12:04
  • Cat:
IMGP7648_R.jpg
HAL-HEN社製の補聴器乾燥ケース。
(大)スーパードライエイドと、(小)ミニスーパードライエイドです。
一般的には、(大)が耳掛型補聴器用で、(小)は耳穴型補聴器用となっています。
補聴器本体をケースの中に入れてフタをしておくだけで補聴器を強力に乾燥させます。


前回ご紹介した「サービス品」よりもさらに吸湿能力が優れている上に、
乾燥剤自体を電子レンジで乾煎りすることで何度も再活性させて、繰り返し使用することができます。

IMGP7658_R.jpg
電池置きのシートも付いています。

IMGP7651_R.jpg
開封直後はこんな色です。
ライトブルーに見える粒が所々にみつかる間は吸湿能力絶大。



IMGP7656_R.jpg
乾燥剤自体が湿気てくると、全体に白けた色に変わります。
シリカゲルの乾燥剤よりも、効果の有無の見極めがわかりやすいので好評なんです。



「電子レンジに食べ物以外を入れるのはチョッと・・・」
お店までご持参いただけましたら、乾燥剤の再活性も承ります。



今年も

IMGP7638_R.jpg
梅雨も真っ盛りとなると、街路樹のクチナシがいっせいに白い花を咲かせます。
咲いた先から花びらが黒く朽ちていきますから、きれいなものを選んで・・・
風の穏やかな日なんかは、甘い香りが一面に漂ってなんともいい感じなんです。