グルメか。



IMGP5363_R.jpg
散歩から帰ってもウチに入ろうとせず、スタスタと玄関前に出ていきます。
植え込みに顔を突っ込んで、なにやら執心な様子です。




IMGP5366_R.jpg
呼びかけると、スコンッ!とか鼻を鳴らしますが、振り向こうとしません。
口が動く・・・アリャ?なんか食べてる??




犬用の食用草を植えていたのが、いつの間にか伸びていました。 
食べ頃のタイミングを計っていたのか、、、と思えばチョット笑えました。
IMGP5367_R.jpg
お味の方は如何でしたでしょうか?ルーニーさん。

満足気な顔してましたが、当然ながら黙して語らず。


熱く視る

IMGP5170_R.jpg    IMGP5171_R.jpg   IMGP5172_R.jpg

ルーニーの視線の先には家内が運転するクルマ、、、、 走り去って見えなくるまで、目線を切りません。




IMGP4749_R.jpg
視線を感じてデスクから見上げると・・・上からジーッとこちらを見てました。
かなり悔しそうなその表情から、 「置いていかれたー!」ってとこでしょうか。

午後の空は、、、

  • Day:2012.02.23 19:16
  • Cat:
木曜日のロングコースは、西からの強風が吹き荒れていましたが、
不思議なくらい暖かくて、ジャケットとマフラーが鬱陶しく感じる陽気に。


IMGP5298_R.jpg


みるみるうちに曇ってきましたが、雨は降りませんでした。

IMGP5315_R.jpg

さくら渡船でのカレイについて。

投げ釣り歴の長い先輩から、「カレイはどうやって釣ったのか?エサは?仕掛けは?詳しく説明せい。」
とのリクエストにお応えして、先日の、さくら渡船で使用したカレイ用タックルをアップします。

竿は、船釣り用2.4m-20号。 (ずーと前に、あるイカダで釣り上げたモノでリペアして使ってます。)
リールは、釣友からフカセ用にといただいた2000番クラスのスピニングに道糸3号。
IMGP5244_R.jpg






投げ釣り経験がほとんどない私は、既製品のコレを使いました。
もう何年もタナの奥に仕舞い込んでいたのを引っ張り出してきました。
ごく普通の二本針スタイル。5枚で300円位で買ったような・・・
オモリはジェット天秤の18号  (これは潮干狩り中に拾ったモノ)IMGP5270_R.jpg
エサは青虫を2本ずつ房掛けで針に刺して、エサトリにかじられたものも外さずに上に上に
付けていき、タップリとしたボリウムにしておきました。

置き竿の放置プレーというズボラなやり口でしたが、干潮の潮止まりまでの間は、
コンスタントにアタリがありました。
遠投の必要は全くないようで、全て足元真下に落としての釣果でした。

根掛かりはほとんどありませんが、カキ養殖用に使用している針金の切れ端等が
至る所に沈んでいて、これらに針が絡みつくことが時々ありました。

竿数を多くして、こまめにエサのチェックを怠らないようにしていけば
2ケタ釣果も珍しくなく、カレイ釣り専門で訪れる方も結構あるとのことでした。
今後は「花見カレイ」シーズンとなって、さらに数、型ともに楽しめるようになる
そうです。高価なマムシは不要で、青虫で十分とも。(渡船屋さん談)


とにかく釣行してみてください。あとは、先輩のウデでなんとかなるでしょう



三枚おろしにして冷凍保存していたチヌで一品。

一口大に切った身をコンガリと揚げます。
醤油、酒、味醂を煮立てたやや甘辛いツユで揚げたてをジュン!と煮びたすとできあがり。
IMGP5267_R.jpg
ピントがきてないョ~

なぜか上海

  • Day:2012.02.20 19:13
  • Cat:音楽

井上陽水!
倉敷公演のチケット押さえました。 5月が楽しみ。