永山丸でタイラバ&一つテンヤ

乗っ込みのマダイは終盤戦。
永山丸さんでタイラバの釣行でした。
170511-063822_R.jpg
前日からの強風は釣行当日朝の時点でも収まらず
昼にかけて風が強くなる予報でした。
波高1.5mの予報なら即中止ですが、
1mとのことなので予定通り出船となりました。

170511-071538_R.jpg
風裏になるポイントで開始早々にきれいなヨンマル。
水深15mほどの岩礁。5mほどゆっくりと巻き上げた時、穂先にわずかな違和感。
大事にさらに巻き込むと大きくグッー!

170511-081340_R.jpg
満ち潮が効いている間に砂底のフラットで追加。
先ほどのような前アタリはなしにいきなりギュンっ!


170511-124905_R.jpg
満潮前から潮止まりを挟んで引き潮が流れ始めるまでは一つテンヤ。
サンマルと小型、チヌ、その他を釣り上げてエビ餌の強さをこの日も実感。
これで一つテンヤは片づけて、もう一度「本業」のタイラバタックルに持ち替える。

水深約25mで巻き上げ10回転ほど、ガツガツくる待望のアタリの後ナント食い上げ!
穂先にかかっていた仕掛けのテンションがフワァ~っと抜けたので(タチウオのあの感じ)
ここは思いっ切り竿をあおってフッキング。ズシンとした手応えと共にドラグがジャーー。
散々走り回った50チョイ。永山船長が差し出したタモで無事取り込み完了。


2017-05-11 R
引き潮のポイントは何ヶ所があるみたいでしたが強風で断念。
大きいの3尾はタイラバで、残りは一つテンヤで釣り上げました。

igurei = イレグイ?



170505-173611_R.jpg
最近ちょくちょく連絡を取り合うようになった先輩がお土産にと
持ってきてくれた宮一釣漁具のタイラバ用のフックで、替え針を製作しました。

170505-173717_R.jpg
ここ数年、自分の勝手な流行で作っているのは、針掛かりの良さを追及した
かなり小さいサイズが多くなっていましたが、「igurei鯛ラバフックM」は
強度面も配慮されたオールパーパスな仕様のようです。
これならマダイの噛み潰しリスクを回避できるかも。

170505-174003_R.jpg
先輩イチオシの品。さて使いこなすことができるのでしょうか・・・?
連休明けに釣行して試してみます。 さあ今度は大潮だぁ!

遊潮丸でタイラバ

海水温も上昇して、今年もタイラバのシーズンが開幕となりました。
福山市内海町横田漁港より出船の遊潮丸さんにおじゃましました。

席決めの抽選はラッキーにも一番くじを引き当てた私。
有利なミヨシ席を同じクラブのMさんと固めて釣り開始!
と、ここまでは良かったんですが、若潮のこの日は潮の動きがわるく
魚の活性は今一つ・・・・(悪潮は織り込み済みで釣行)

しかし、比較的流れのあったポイントでは短いジアイにマダイがバタバタ。
後席のお客さんたちは隣り同志で同時に魚が掛かってウハウハという
なんとも羨ましい状況。
私にもマダイらしい強いアタリがありましたが針掛かりには持ち込めず
マダイの好ジアイはあっという間に過ぎ去ってしまったのでした。


170422-101403_R.jpg

170422-110344_R.jpg
マダイの顔は見られませんでしたが
うれしいゲストフィッシュはアコウ。
なんとか2匹取り込んでお土産になりました。



この日の仕掛けです。
170423-080804_R.jpg
無塗装15号の遊動式ヘッド
ネクタイにコパーラッシュ×赤
スカートはシマシマエビとグリン、オレンジ各ミックス
フックは瞬貫真鯛5号をシーハンター8号で結束。


170423-080831_R.jpg
格安で見つけたにせものマウス60g(懐かしの固定式)
ネクタイ&スカートは上の自作物をセット
フックはやや大きめでサーベルポイントMサイズ


170422-114619_R.jpg
しまなみ周辺を主なポイントにしている遊潮丸さんはタイラバのほか
近年ますます人気の「一つテンヤ」でも出船されています。

海の活きエビをエサに小さなテンヤ仕掛けを操る釣りで
マダイ&アコウをメインにカサゴやマゴチなどなど
多彩な魚種で楽しめます。  遊潮丸HP


タイラバ

160825-052830_R.jpg
永山丸さんでタイラバに行ってきました。
笠岡港を5:30出船。塩飽諸島のポイントまでは30分程で到着。


潮は旧暦23日で小潮でした。
引き潮のしっかりした流れがある朝マズメの一時が
最高のチャンスとなりそうなのでこのタイミングを逃さずに
釣ってほしいと永山船長。

最近良型のマダイが高確率で釣れているネクタイのカラーは
あまり馴染みのない「グリーン」とのこと。
永山船長がこのカラーのネクタイを用意するよういつになく強くすすめるので
半信半疑ながら数セット組み上げて持参し使ってみました。

水深15mほどの砂地。浅くなったり、やや深くなったりのラインを
エンジンオフのどてら流し。流速1ノット強と理想的な状態です。
160825-062614_R.jpg
「今日の朝イチは釣れるよっ!」という永山船長の予告どおり
開始早々から釣れました。

160825-063654_R.jpg
高水温期特有の強烈なひったくりアタリで50クラス連発。


160826-074546_R.jpg
エビオレンジ+赤とか、(ど)定番のオレンジのネクタイには
さっぱりアタリがありませんでした。フグやエソでさえ
食ってきたのはこのグリーンのネクタイでした。


160825-151106_R.jpg
大型マダイが浅場で活発に餌を漁る夏の好機に
何としても60クラスを獲りたいんですが
8月も終わりとなってしまった現時点でまだ・・・・

午後便でタイラバ

遊潮丸さんの午後便でタイラバでした。
好調な一つテンヤでの釣果が伝えられるなか、どうしてもタイラバをやりたい意固地な私・・・
この日もテンヤ組の方たちは釣り開始早々から、マダイやアコウを次々と釣り上げていました。

20160819112305e_R.jpg

起伏の激しい岩礁に仕掛けを取られないように、着底を感じると間髪入れずに
巻き取りにかかります。容赦ない西日がまともに照り付けてくるので、
キャビンの作る影に隠れるようにして釣りを続けていると待望のマダイからのアタリ!
水深10mほどの激浅ポイントで掛けたので、走り回られましたが無事取り込み完了。
おかずが取れたのでとりあえず・・・「ホッ」



160818-183240_R.jpg

引き潮の流れも徐々にゆるんでしまうとアタリも散発的に・・・
再び満ち潮が動き始めるとテンヤにはぼつぼつアタリが続いていましたが、
日没でゲームセット。


160818-190516_R.jpg

日が沈むと反対の空には月が昇ってきました。
スマホの写真では全然表現できていませんが、
既に秋を思わせるような大きな月でした。

160818-185433_R.jpg

一つテンヤで上手く釣られる方は昼からの釣行でも私の3倍くらいの釣果です。
アコウやマダイを山ほど釣りたい方は遊潮丸へGO!
おすすめはやはりゆっくり釣れる朝出船の通常便です。