雨男山へ

  • Day:2015.09.25 18:14
  • Cat:sight
150924-132710_Re.jpg
真庭市下湯原

最近、なぜか木曜日といえば悪天候。
昨日もご他聞にもれず降ったり止んだり。
それでも雨の止み間にシャッターを切る切る
急に強い風が大樹の葉を揺らす・・・また降ってきた。

叶大漁

  • Day:2015.05.06 13:48
  • Cat:sight
遊潮丸が給油で寄港した際に発見。どうやら観光鯛網の親船のようです。
鮮やかに染め抜かれた幟旗には「叶大漁」の文字が踊っていました。

150430-140917_R.jpg
2015.04.30 鞆港にて

ブログの名前は"あさもや"でも"あさぎり"でもなく「朝なぎ」ですC葉さん。

船揚げ場

  • Day:2015.04.13 13:43
  • Cat:sight
150409-112404_RRe1.jpg

150409-112140_R.jpg

150409-164238_R.jpg
潮風に混じるペンキの匂い、ワイヤで繋げた船台が軋む。
雲が厚くなって風向きが変わると沖から雨が降ってきた。

スバル8号

  • Day:2015.02.28 22:17
  • Cat:sight
港の出口にずいぶん前から停泊したままの船が1隻。
対岸からの遠目には白い船体に青いラインなど入ってそこそこ
きれいらしく見えたのに、こうして間近にしてみるとボロボロ。

150226-165220_R.jpg
舳先には放置されたドラム缶。船体と陸地とを繫ぎ止めておくべき
舫い綱は見るからにいい加減な結びでダラリとぶらさがる。
150226-165315_R.jpg
衝突でもした?手すりのパイプがひん曲がって船体も凹んでいる。

150226-165027_R.jpg
船尾から突き出した太いエキゾーストパイプや2機のドライブ。
「スバル8号」「沖縄県石垣市」の文字が見て取れる。
そうか・・・南の海を駆け巡っていたのだな。

船の足元を覆い尽くすように付着したおびただしい量のフジツボやイガイは
この船が走ることを忘れてからの年月の長さを物語っている。
まるで浮き漁礁のようになってしまった今、ただ黙したまま。

壁いちめんに

  • Day:2014.07.15 21:43
  • Cat:sight
雨が上がって明るさが出てくると、つい都合よく「梅雨明け!」を期待してしまいます。
今一つ気合が入りきらない色の空ですが、緑のツタはすでにやる気満々の茂り様。
140714-062259_R.jpg
笠岡市西ノ浜