シロウオとシラウオ




170416-153709_R.jpg

私がメバルの夜釣りで餌に使う「シロウオ」はハゼ科の魚。
食用にもなり、所によっては「踊り食い」とかで
活きてピチピチしているのをそのままいただくそうです。

魚の刺身は好んで食べますが、同じ生食でもこの踊り食いは
個人的にはチョッと気がひけてしまいます。

メバル夜釣りのエサでよく混同されるのが「シラウオ」で、これはシラウオ科の魚。
しなやかで透明感のある魚体は、女性の指の美しさを褒めるたとえとしても有名です。
煮付けや卵とじ、天ぷらやかき揚げなどでいただくやつで、今となっては高級魚となりました。

シロウオとシラウオ、どちらも汽水域を好む魚で、同じような漁法で捕獲されるようです。
シロウオは活きた状態で釣具店で販売されますが、シラウオの活きたのはいままで
見たことがありません。

活きたシラウオを餌にするとシロウオのようにメバルは活発に釣れるのでしょうか?
これについてはまだ試したことがないので何とも言えませんが、
餌代は間違いなく高くつきそうです。

メバルのサビキ釣り

遊潮丸さんで、すでにシーズンインしているメバルのサビキ釣りに出掛けました。
ポイント一帯の海域は潮の流れが速く、所々で渦を巻いていました。

仕掛けを海底まで落としてゆっくりと数メートル巻き上げてはまた落とす・・・を
繰り返してメバルからのアタリを待ちます。群れに当たってタナが合うと
ブルルル~っとアタリが出てメバルが釣れます。

170216-121250_R.jpg

遊潮丸船長がレンタル用として準備していたサビキ用ロッドを使用させていただきました。
誠和釣具製でその名も「藤井健太郎先生」! 長さ9尺(約2.7m)
グラス素材の粘りを生かした穂先が特徴という。

当日使用した25号のオモリならちょうど良いバランスの使用感でした。
グラスロッド特有の持ち重り感はさほどでもなく、たいして腕力のない
私でもラクに扱うことができました。

水深40mで流速が2ノット近くもあったポイント(釣りが普通にできない所)ではさすがに
穂先が大きく曲がり込んでしまい着底の確認があやしくなって根掛りしたこともありましたが、
ほとんどの場面ではメバルからの魚信もハッキリ伝わり、魚を掛けてからのロッドの挙動も
前宣伝どおりの柔軟さで好感がもてる仕上がりであると感じました。


軟らかい穂先の特性を生かすための軽量小型ガイドは内径も小さい設定です。
当日使用したPE0.6号にフロロリーダー10lbというラインシステムなら無理なく結び目が
ガイドを通過することができましたが、これよりも大きな組み合わせとなると、
カシャっという結び目のガイド通過音が気になるレベルになるかもしれません。
ところで、藤井健太郎先生っていったい誰なんでしょうね。とても気になります。

170217-002649_Re.jpg

出だしは好調でしたが途中でまたいつもの?大失速。どうやっても釣れません。
とうとう船長に泣きついて教えを請うたり、好調に釣れてる同船者を尋問して
コツを聞き出したりすることで後半やや盛り返してポロポロと拾いどうにかこうにか・・・・・

上手くタナを合わせて効率よく釣り上げた方は30尾ほどの釣果でした。

これからハイシーズンを迎えるメバルサビキ釣りのお問合せは遊潮丸さんまで!

メバルのサビキ釣り


160331-124843_R.jpg
遊潮丸さんでお世話になってメバルのサビキ釣りに行きました。
イカナゴなどのベイトフィッシュが多く浮遊しているこの時期が
メバルのサビキ釣りにはベストシーズン。

160331-085539_R.jpg
同行のF氏、良型のメバルを次々と取り込んでいました。
船長がブログアップ用の撮影をしているところをパパラッチ!

群れに当たるとメバルからの活発なアタリで穂先がブルルーっ!
そのまま上げてしまうと単発でしか取り込めず、数が稼げません。

アタリがあったら、超スローにリールを巻いて、次のアタリを待ち
サビキ釣りの真骨頂である「連掛け」で一挙何匹ものまとめ釣り
を狙います。

上手くすると8本の針全てにメバルが食いついて
鈴なり・芋づる式にキャッチすることもできます。


160331-143255_R.jpg
パーフェクトではありませんでしたがなんとか連掛けに成功!


160331-154957_R.jpg
上出来でございました。 ちなみに、この日の竿頭は60尾超えの大爆釣。

160331-154714_R.jpg
4月ももうしばらくはメバルのサビキ釣りが楽しめそうです。
メバルのサビキ釣りのお問合せは遊潮丸さんまで!

昨夜の釣果

150305-031930_R.jpg
しまなみのマイポイントでの釣果。
釣り方はいつものようにシロウオを刺し餌にして
中通し竿でのサグリ釣りというクラッシックなスタイル。

満潮からの潮が動き始めるタイミングに合わせてポイントに
入ったところ一投目からアタリがあり以後しばらく入れ食いでした!

ケミホタル

130531-205817_R.jpg
メバルを夜釣りで狙う場合に使用しているのが「ケミホタル」です。
サグリ釣りはウキなしの仕掛けを使用しますので、暗闇だと仕掛けの位置や
動きが判りづらいので、道糸に目印としてこのケミホタルを装着します。

130531-210132_R.jpg
ケミホタル本体は真ん中の黄緑色のモノです。
道糸への装着には同梱のチューブを使用します。
湿気を嫌うのか、シリカゲルが入っています。
130531-210642_R.jpg
私はチューブを半分に切ってケミホタルの両端を差し込んで固定しています。
発光時間は3時間とありますが、5~6時間くらいは視認性が持続します。