木曜日の反省

先日、木曜日の遊潮丸でのタチウオ釣行でのことです。
この日、何箇所目かで船長が見定めたポイントではアタリは頻繁にあって、
前アタリと思われる食い上げアタリをキャッチして大事に誘っていると
ガツガツと押さえ込む力強いタチウオのアタリを楽しむことができました。

電動リール使用の常連さんたちが叩き出す圧倒的な釣り上げ数に対して、私の手巻きリール
ではまともに太刀打ちできませんが、それでも辛抱にアタリを拾っては掛けていくと、連続ヒット!
釣れてくるのは良型がほとんど、強烈なタチウオの絞めこみで竿が海面に突き刺さっていきます。
でも最後の最後で取り込みに手間取りどれもこれもポロリの連続バラシ・・・

原因はテンヤのロスト防止に装着している保護リーダー(ナイロン20号)の長さでした。
いつもは60cm程度で使用していましたが、100cmは必要!とのウワサを鵜呑みにして、
自分の竿の長さや体格にまるで合わないモノを自作して持ってきてしまいました。

PEに接続したリーダーと保護リーダーはサルカンで接続しているため
リールでの巻き取りは当然ながらサルカン直前でストップ。
この時点で竿を立てた時に、掛けたタチウオの頭が水面から出る程度の長さで
製作していれば、後はテンヤのそばまで手を伸ばして、保護リーダーをつかんで
船内にタチウオを放り上げればいつものように問題なくタチウオを取り込めます。

しかし、長すぎる保護リーダーでは、サルカンまで巻き取って竿を立てても、
タチウオはまだ水中に姿があります。これを手で手繰ると、ラインの緩みが
起こることがあってそのスキに水面でタチウオが激しく暴れたり、横走りした
拍子でバラシに至ってしまうという悲しい結果を繰り返してしまいました。

フッキングのタイミングの悪さが原因する「掛けバラシ」は珍しくほぼ0でしたが、
最後の取り込みでラインを手で手繰っていて連続でバラシてしまいました。


151105-104249_R.jpg
運よく?取り込めるとこんな良型が揃いました。

テンヤに襲い掛かるタチウオが保護リーダーに歯形を残しますが、これらが集中しているのは
実際のところテンヤからせいぜい40cmまでの所なので、60cmを超える長さの保護リーダーは
いささか過剰防衛でした。どうやら、保護リーダーの長さは60cmまでが適切なようです。
それでもPEやリーダーにタチウオの歯が触れてテンヤをロストしてしまうのは・・・潔く諦めましょう。


151105-065639_R.jpg
鞆沖の朝焼け。

メンテナンス


遊潮丸のメンテナンスのヘルプに行きました。
船名のステッカー貼り。
151105-151333_R.jpg
151105-151352_R.jpg
位置に関して、貼る前にいろいろ試したところ・・・・

151105-151408_R.jpg
やはりココがイチバンという結論に!
151105-153707_R.jpg

151105-153611_R.jpg
右舷胴の間の席。傷んでいた棚板の交換&塗装。
あくまで小物置きスペースなので、足載せはイケマセン!

最盛期のタチウオ釣りは連日好釣果です。
脂ののった炙り刺身や塩焼きがたまらなく
食べたい方は遊潮丸さんまで!

Sさん艇で青物

遊潮丸高橋船長の友人であるSさんのマイボートで、粟島周辺の青物狙いの釣行でした。
ブリクラスの大物が掛かることも!というエキサイティングな前情報。
151029-061728_R.jpg

151029-061814_R.jpg
ボートのオーナーSさんの操船でポイントへ。

青物釣りはコノシロ餌にした「泳がせ釣り」。
荘内半島周辺の湾内数箇所で、餌にするコノシロを探しますが、
残念ながら全くいません。たまに水面に浮いて姿を見せるのは
イワシのような小魚だけ・・・ 今年はコノシロの回遊が少ないらしいです。

いないコノシロを無理に探しまわってみてもムダとのSさんの判断で、
青物はあきらめて、テンヤでのタチウオ狙いに変更することになりました。

大潮ということもあって半島周辺ポイントはどこも潮の流れが速く
満潮をはさんで引き潮を迎えるまではタチウオ釣りも厳しい状況でしたが
ジアイと予想される引き潮のトロンとした流れになってくるとタチウオからの
活発なアタリを感じるようになりました。

決まってアタリがあったのは底から2mくらい上と、10m上。
アタリのほとんどはフワフワっとした食い上げアタリから始るもので
ここからをどうやって「本気食い」に持ち込むかが肝となりました。


最近、いわゆる早アワセの釣りが大流行していますが、
食い上げ直後のモソモソでアワセを入れるとすべて空振りでした。

テンション抜けを感じたら、巻き上げてとりあえずテンションを保つ。
ここですぐに強いアタリになればすかさずアワセを入れますが・・・
タチウオもそんなにイージーにアタってはくれません。

食って来なければ、ゆっくりと一定速で50cmほど巻き上げて一旦止める。
強い目のシェイクを数回チョンチョン。ピタリ止める。・・・やる気のあるやつはここでギュっ!

しばらくの間バタバタと忙しいくらいに釣れていましたが
流れのコースが一定しなくなり、タチウオからの反応も
ぷっつりと途絶えてしまいました。



151029-153252_R.jpg
釣行後マリーナに帰港するとクレーンで持ち上げられて上架。
実はこの様子を撮影したかったのですが、カメラも携帯も、
釣り上げられているボートのデッキにあるので・・・撮れませんでした。
サンダーバードが好きな方にはたまらない画になっていたかも。

真水でデッキや船体を洗浄します。陸上保管なので、
藻やフジツボなどが船底に発生することはもちろんなしなのだそうです。

151029-153324_R.jpg
上架後は格納庫へ。
Sさんたいへんお世話になりました。
またタイラバでおじゃまさせてください!


151029-163727_R.jpg
瀬戸大橋から見た夕陽。
プライベート釣行に参加させてくださった高橋船長、ありがとうございました。

タチウオ釣行 遊潮丸


タチウオ狙いで遊潮丸さんにお世話になっての釣行でした。
10月に入ってからは連日好調が伝えられてはいたものの、
釣行前日の状況は「魚影なし・・反応なし・・」とのこと。
これはタチウオ釣りではよくある釣れ具合のムラなんですが
好不調の振れ幅は相当に激しいので、案内してくれる船長も
釣行する度ごとのポイント選びには頭を悩ませてしまうのだそうです。
151015-062940_Re.jpg
雨の釣行が続いた今シーズンでしたが、この日はそんな心配もなく、
海はご覧のとおりのベタ凪でした。


151015-092002_R.jpg
アタリはひっきりなしにあって退屈しませんでした。
取り込み途中に共食いされそうになったのか傷だらけ。


トモの釣り座からは魚が掛かるたびにギャンギャンと電動リールの音!
常連さん達は釣り開始直後から連発の様子でにぎやかな声も聞えてきます。

水深40mほど。魚影があるのは水深25m付近と船長のコール。
タナを合わせてからは、ストップ&ゴーの巻き取りでアタリを拾います。
途中時々細かいシャクリを入れたりシェイクしたりのアクションも必須です。


151015-095207_R.jpg
この日、食いアタリのパターンは大半が「食い上げアタリ」でした。
シャクリやシェイクの後、タチウオに食わせるの間を与えるように
ちょっと間テンヤの動きを止めてやると、竿先にかかっていた
テンションがフワァ~っと抜けていきます。道糸のPEが浮いてくることも!


この食い上げアタリに対してはラインのたるみを素早くリールで巻き取り
間髪入れずに即アワセで対応して針掛かりさせるのが基本で、
テンション抜けの瞬間をボケーっと見送ってしまうとたいていは
餌だけまんまとかすめ盗られます。

食い上げに対しては超高速巻き取りと鬼アワセで必死に対応してやりますが
針掛かりするのは5回に1回程度という歯がゆさです。(アンタが下手なだけなのでは?)

そこで、たるみを巻き取るところまでは全速力で行い、
もう1回竿先だけの小さなシャクリをチョンと入れてやると、
そこからはモゴモゴとしたアタリに変わって数秒間連続。
タイミングの取れるところでバシっ!とアワセると振り上げた竿に
肩の高さでドーン!と針掛かりしたタチウオの重みが乗ってきます。

151015-084525_Re.jpg
タダ巻きでズルズルやっていると、アタリこそあるものの
決め手になるアタリを出してくれません。

151015-100241_R.jpg
ベイトの遊泳層の加減なのか、タチウオも中層でヒットするものがほとんどでした。
コレはこの日にしては珍しく、着底から巻き上げ即でアタリがあって釣れた1尾。
今や懐かしい「巻き上げの釣り方」で釣れたのでカメラに収まってもらいました。

151015-112353_R.jpg
船長とこの日のアタリのパターンなどについて話しながら釣っていたら、
深い目のタナ(30m位?)で、例のテンション抜け。
ヨシ来た!と思った次の瞬間、いきなりの押さえ込み。
まるでマダイの良型を思わせるような強烈なファイトでした。


151015-112501_R.jpg
チビの私が持つと、デカさが余計に強調されてます。


いよいよ最盛期に突入するタチウオ釣り。
お問い合わせは遊潮丸さんまで!


タチウオ釣行 遊潮丸


遊潮丸さんで今秋シーズン初めてのタチウオ狙いの釣行でした。

船中で最初にタチウオを釣り上げたのは船尾で竿を出しておられた
常連のFさんで、これはなかなかの良型でした。
この方は、それほど食いが良くない時間帯でもぼつぼつと
タチウオを取り込んでおられたので、釣り方の秘訣をお尋ねしてみると・・

誘いを入れた後に出るアタリはどんなに小さくても
タイミングの取れるものはすべてアワセを入れて積極的に
「掛ける」釣り方をすると数釣りができる!というものでした。
もちろん、タチウオが高活性で、巻き上げ途中で食いついて
引っ張り込むアタリを出すときには、いたずらに早いタイミングの
アワセに出る必要などなく、しっかり待ってフッキングにしてやれば
確実にタチウオを取り込むことができるのだとも。

誘いを入れながら巻き上げる釣り方にしても途中で、ドッカーン!
と来るような大きくてわかりやすいアタリだけにいつも的を絞っていては
小さな食いアタリをいつの間にか見過ごしてしまうようになってしまい
餌をかすめ取られることが多くなる。結果、活性の高い魚だけしか
針掛かりまで持ち込めないからどうしても数が釣れない。のだそうです。

教わったように、小アタリをアワセる釣り方を実行してみました。
テンヤが着底したらリール超高速で5回巻きでピタリ止める。
次にチョーンチョーンとしゃくり上げたあとちょいの間「食わせ」の間を与えるステイ。
ここまではいつもと同じ釣り方。

運よくすぐにコンコン・・クイクイ・・と連続する小アタリ。
さてここからが今までと違うところで、ここは間髪入れずにフッキング!
やっとタチウオを針に掛けることができました。
Fさん貴重なレクチャーたいへんありがとうございました。
150917-131810_R.jpg
さあ今年も秋のタチウオシーズンが始りました。
タチウオ名人のFさんとガチンコ勝負をご希望の方は
遊潮丸さんまでお問い合わせください!


番外?
150917-084229_R.jpg
ピックアップ寸前、わずかに違和感。
一旦巻き取って餌を確認後もう一度すぐに投入、
同じレンジ(リーダー3m+α)に送り込んだらガツンっとアタリ!
朝のローライト時はとんでもないところに浮いてるんですね~