グレ釣り

161217-092358_R.jpg

レンタルボート清家さんでのグレ狙いの掛り釣りでした。
いつもの湾内のポイントよりもう少し沖にあるポイントの方がいいと
清家さんからのアドバイス。水深はやはり40m弱でやや深め。
釣り方は相変わらず中層でダンゴを割ってタナを落としながらのあのやり方です。

ジアイはお昼からのやや潮が緩んだタイミングでした。
この日同行だった遊潮丸の高橋船長はダンゴ釣りは久しぶり・・・
とのことでしたが仕掛けを上手く流し込んではアタリを次々と掛け合わせて
尾長グレやカンパチ、マダイを取り込んでいました。

ダンゴの撒餌が効いて魚の活性も上がってきた頃、私の竿にも待望のアタリ。
何度か強烈な締め込みをかわしながら手繰り寄せてあと数メートルなんですが
釣り座の潮下にコワリを固定してあるロープが走っているらしく、これにラインが
ガリガリ擦れてたいへん嫌な手触りです。それでもそれでも必死で巻き取って
もう魚体が確認できるかというところで最後にギューン!同時にブチンでお終い・・・・

気を取り直して数投後、先ほどと同じアタリで穂先が海中に突き刺さっていきました。
重量感たっぷりな締め込みですがさっきのほどは大きくない様子です。
ロープとは反対の「安全な」向きに走ってくれたのでこれは難なく取り込み完了。
いつもは口太グレがたいていなんですが、釣れ上がったのは尾長グレでした。

その後も良型のチダイやマダイが気持ちよく竿先を舞いこませるアタリで楽しませて
くれていましたが、沖からの風も徐々に強さを増してきていて辺り一面白波が飛び始め
たので安全を優先して撤収としました。

ダンゴの配合は、ヌカと砂をベースにチヌパワームギ、アミエビ4キロ
サシエは青虫(アオイソメ)。 フロロ2.5号通し。 針、ハヤブサ瞬貫真鯛5号。

釣行記というよりは備忘録になりました。

チヌ狙い撃沈・・・


福山市内海町の横田港にある、村上餌虫店の釣りイカダに釣行しました。
普段通りの起床時刻からあれこれ準備に取り掛かって釣行したので、
現地に到着したのはすでにお昼近く。

このポイントでチヌの釣果が期待できるのは引き潮がよく動く時間帯です。
当日は小潮で午後遅くが満潮のため、ジアイが短いかもという芳しくない条件。

案の定・・・チヌ釣りの最盛期というのに魚の食いは渋い状況でした。
アイゴやボラなど、ダンゴに集まるエサ取りが散発的に釣れましたが
夕方6時の最終まで粘りにねばって本命のチヌは手の平くらいのを
やっとこさ1尾釣り上げたのみでした。


20160909092718_R.jpg
妙な時間にやって来て、遅くまで釣らせていただきました。
次回はもう少し良い潮回りの日に釣行しようとおもいます。
やはり、急な思いつきで釣行したのでは良い結果は出ませんね。
村上さんありがとうございました!



120426-060841_R.jpg
村上餌虫店の釣りイカダ全景。
潮の動きの良い日なら本来はチヌのよく釣れるイカダです。
小潮を避けて釣行されることをおすすめします。

釣りイカダの設置場所が道路際からスグという釣り場のため、
たまたま?通りかかった知り合いが岸から「陣中見舞い」のメールやら電話やら・・・・

2016年初釣り

明けましておめでとうございます。

1月2日。北灘湾のレンタルボート清家さんで初釣りでした。
年末からの好天が崩れることもなく海は凪、正月とは思えない陽気となり
しっかり着込んでいた防寒着を脱いで、身軽にしながらの釣りスタートとなりました。

今回もダンゴ釣りでのグレ狙いでした。
オーナーの清家さんの話では、ここのところグレが釣れているタナは底付近で、
極端な中層釣りをしている釣り人はないとのことでした。

とはいうものの、ここのポイントの水深は40mと結構な深場です。
今まで底釣りをしていてグレが釣れたことはほとんどないので
やはり底から10m上でダンゴを割り、仕掛けを落とし込んでいく
いつもの釣り方で始めてみました。

期待していた朝のジアイは魚の活性が低いのか、全くアタリがないまま。
ここで、ダンゴを割るタナを修正して、底から5mにしてみる。
しばらくダンゴを打ち返しながら仕掛けを落とし込んでいると待望のアタリ。
ここからようやく魚が釣れ始めましたが、すべてマダイ。
サイズは50クラスの良型から塩焼きサイズまでさまざまです。
とりあえずエアー抜きを施してイケスにキープしますが・・・グレが釣りたい!

仕掛けを底に這わせるとマダイが食いつくパターンが続くため
底から1m位までのタナを集中的に落とし込んで探っていると、
やっとグレが釣れました。それにしてもタナがいつもより深い・・・

連続で3尾グレを仕留めたころからは、すでに釣れていたマダイは
グレが釣れるたびにリリースしてやり、昼頃にはイケスの中はグレばかりになりました。
昼過ぎからは潮変わりとなるためもう一山あるのかと期待しましたが、ジアイ落ちした
みたいで、カサゴやエサトリが釣れるだけ。ダンゴも尽きたので竿をおさめました。

ダンゴは、ヌカ・砂ベースにチヌパワームギ、アミエビ4キロ。
サシエには青虫(アオイソメ)。
竿はサクラ南海 フロロ2.5号通し。
ガン玉オモリBに細軸チヌ針5号。


160102-144111_Re.jpg
最大で42cm、全て口太グレでした。

夢音さんでマダイ&青物



151119-063138_R.jpg
由良半島の油袋。貸し船「夢音」さんでのマダイ&青物狙いでした。
前日まで前線の影響でかなりな雨でしたが、釣行当日は晴天となりました。


151119-063331_R.jpg
"宇和海ガイド"は遊潮丸高橋船長。

151119-103726_R.jpg
高橋船長はマダイ胴突き仕掛けと青物泳がせの二刀流。
で、、、この日も見事にやってくれました。ブリ92cm・7.5㎏!

マダイが釣れ盛っていたジアイのなか、アジを活き餌にしてセットしていた
青物専用のごっつい竿がムニューっ!と一気に海中に絞り込まれました。
凄まじいパワーで突っ走るブリ。ラインを引き出されながらも大胆な竿捌きとリーリング
でグイグイとブリとの間合いを詰めていく高橋船長。この格闘は見応え充分でした。

151119-073223_R.jpg
「宇和海のマダイをタイラバで釣り上げる」が今回の私のテーマでした。
朝イチは高橋船長の操船でタイラバでのランガン。開始直後からアタリは連発で、
良型カサゴやハタといった根魚、イトヨリと釣り上げお土産は早々にゲット。
続く待望のマダイは、水深の半分ほど巻き上げた中層でゴツン!
オレンジカーリーネクタイ&シマシマスカートというセットはいつもの笠岡沖仕様。


151119-145948_R.jpg
養殖コワリに係留してのダンゴ釣りでもマダイは順調に釣れました。
アミエビをたっぷり配合したヌカダンゴにサシエは私の定番の青イソメ。

前日の釣り人の話では「タナは底」とのことでしたが、ベタ底では
ダンゴ割れの後、シーンっ・・・何もアタってきません。

しびれを切らして中層攻めに変更。厳冬期のような極端な中層からではなく
2mほど底を切った上でダンゴを割り、落とし込んでいくと・・・気持ちよいアタリでギューン!


151119-151036_R.jpg
後半はやや強い風になってきました。
ラストにもう1尾釣り上げてけじめをつけると頑張りましたが
気合に反してジアイ落ちしてきたので早めに納竿。

151119-151124_R.jpg
毛づくろいに余念のない夢音さんちのニャンコ。

山岡水産


江田島市の山岡水産へ、チヌ狙いのかかり釣りに出かけました。
今回の釣行メンバーはMさんと、ブログ「中年おやじ世界を釣る」の"やまもす"さん。
すっかり船釣り派となってしまった私は、チヌ(だけ)を狙うかかり釣りは1年半ぶりでした。
151001-100409_R.jpg
江田島に到着したころにはまだ小降りだった雨も、釣りを開始してからはザーザー降り。
当初は湾外のポイントを予定しての釣行でしたが、雨に加えて強風の予報がでていましたので
湾内の作業用屋形での釣りとなりました。

151001-071003_R.jpg
カキの養殖イカダにピッタリと接する形で係留された屋形で釣りスタートです。
花柄模様のパラソルはMさん。名手やまもすさんを真ん中にはさんで、右端
が私というならび。


151001-071026_R.jpg
Mさんはカキイカダに一番近い釣り座で本命のチヌ1尾。あとは大サバとアジの釣果でした。


そして「やまもす劇場」
151001-100735_R.jpg
トーナメントへの参戦やいろいろな大会参加を通じて、着実に実力をつけたやまもすさん。
江田島周辺のチヌ釣りにも精通されていて、今や私ごときが勝てる相手ではありません!
この日はチヌ2尾を辛くも仕留めて竿頭。お土産のアジも多数お持ち帰りでした。


151001-101259_R.jpg
チヌの魚影が薄い上にアジ・小サバがダンゴに群がり非常に釣り難い状況でしたが
中層から底付近を巧く落とし込みで攻めてチヌのアタリを拾う釣りが効を奏したみたいです。



151001-120917_R.jpg
ダンゴに寄っていたアジは、ヒラアジと呼ばれる種類。これでサイズは25cm。
食味はマルアジに比べるとヒラアジのほうが美味いように思います。
アジの呼び名は通称。食味はあくまで個人的な感想です。

151001-143425_R.jpg
この日釣れたチヌ全部。やまもすさん2尾、Mさんが1尾で、私は?・・・    まっ そういうことです。



151001-144236_R.jpg
私の持ち帰り分。ちょうど20尾でした。
チヌだけ狙いのかかり釣りに行ったつもりでしたが・・・