FC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

聞こえの相談会 西大寺

  • Day:2018.10.21 17:10
  • Cat:

181021-100235001_R.jpg

(公社)岡山県難聴者協会の「聞こえの相談会」が
岡山市東区西大寺ふれあいセンターにて開催されました。
その場で補聴器の販売をするというものではなく、あくまで補聴器に関する
情報提供を個別に受けることができるのがこの相談会です。

補聴器販売店協会岡山県部会としては岡山市内の会員2名を派遣する予定でしたが
難聴者協会からもう1名増員の要請があり、お手伝いに行って参りました。

チラシ、回覧板などで当日の催しを知った10名程の参加者がありました。
加齢で聞こえに悩みを抱えている方、すでに補聴器を使用していてそろそろ
買い換えを希望されている方、家族の難聴に関する相談に来られた方など様々でした。

遠方からわざわざご相談に来場いただきました皆様をはじめ、催しの準備段階から
お世話いただきました難聴者協会の方々、要約筆記者の皆様、会場関係者、
そして販売店協会岡山メンバー、皆々様に、今回の催事を無事終えることが
できましたことに感謝いたします。ありがとうございました。

鯛料理

  • Day:2018.10.19 19:08
  • Cat:食す
マダイはどうやって食べる?よく聞かれます。

三枚おろしにして、アラはアラ炊きと一夜干し風にしたやつで焼き物、みそ仕立てのアラ汁にも
釣りから帰ってその日にいただくのはアラ炊きだけで、刺し身は1日寝かせて熟成を待ちます。
一夜干し風は仕上がってしまえば冷凍保存で、後日小出しにしてゆっくりと楽しめます。

刺し身は皮目をバーナーで炙ったのと皮を引いた2種類。最近はにぎり寿司が何故かしらブーム
柵どりした刺し身はラップできっちり密封して冷蔵なら3~4日はOKです。

保存していると水気が出てきますから、キッチンペーパーで拭うのとラップ毎日交換は必須。
刺し身に飽きたらそぎ切りにしてめんつゆにワサビを溶いたのへ漬けて「づけ丼」・・

180809-124129001_R.jpg
8月の遊潮丸。バラシにばらしてやっと獲ったやつ。 

私ら夫婦二人で飽きずに頂けるのはせいぜいロクマル一尾まで。
あとは腹出し・ウロコ打ちの一次処理までしておいて冷凍保存です。
油で揚げたり炒めたりの料理用にはそれらを使います。

11㎏

181014-150057001_R.jpg

慢性腎不全ケアの皮下点滴翌日は尿の量が激増します。
朝の散歩までこらえきれない時は洗面台の前に広げてある吸水シートの上に決まって
していることがほとんどなんですが、たまにストライクでない時があって後の掃除が面倒です。

点滴後の夜だけは犬用のおむつをはかせることになって、ルーニーの体重に対応のサイズを
買ってみましたが、まず尻尾を通す穴が小さすぎて、あの大袈裟な尻尾が通りません。
仕方ないので尻尾穴はハサミを入れて拡大。

何とか無理やりはかせて全然大丈夫ではないけど一晩ためしてみると、
案の定・・翌朝には洗面台の前がタイヘンなことになっていました。

体重を目安にしてしまうと、ルーニーのようなヘンな体型バランスの犬には
なかなかジャストフィットしないんですね。  さて困った。

とうとうじゅんしょく

181015-131355001_R.jpg
先日の釣行中に突然、ストッパーが全く効かなくなりました。
ずいぶん古いリールなのでメーカーに送ったとしても保守満了で
修理対応はもう無理だろうと思います。

7月には海底の大きな貝殻を掛けて巻き上げ中、水面で針ハズレした拍子に
飛び上がった30gのテンヤが元竿に激突して破損という不運があったところでした。
竿は自分で修理して使える状態に戻しましたが、なぜか今シーズンは道具がよくめげます。

雨が降るというのに・・

003_R.jpg

一つテンヤでマダイを狙って永山丸さんで釣行しました。
雨は明け方までの予報でしたが一向に止む気配はなく、結局釣行中はずっと小雨が降り続きました。

北木島沖のポイントでしばらく釣りましたが大きなカサゴが釣れた他はマダイからのアタリはなしです。
アジ釣りの船もちらほらでしたがそちらも竿が曲がる様子はありませんでした。

永山船長によると、本命ポイントの潮までやや時間があるとのことですが辛抱しきれず移動。
水深15mほどで潮は1.2ノット、所々に岩礁で、小規模なかけ上がりになった狭いスポットが
この日のポイントとなりました。北西の風が多少出てきたので永山船長は操船に徹することに。

チャリコがひっきりなしに餌をつつきます。20㎝超えるようなちょっとましなやつも
時々針掛かりするのでキープすべきか迷いましたが・・・釣れる端から小さいのはリリース。

比較的浅いポイントなのでキャスティングも織り交ぜますが仕掛けを投げることで
ポイントを外れてしまうのか何故かアタリませんでした。(根掛りが怖かったし・・・)
バーチカルなシャクリの釣りでアタリが出ることが多く、細かいアタリをアワセに出て
空振りで舞い上がったテンヤにもう一度触ってくることが何度かありました。

満潮を過ぎる頃まで良型をまじえながら順調に釣れてまだまだアタリも続いていましたが、
リールが不調で正常な巻き取り動作が全くできなくなりました。
予備リールも準備していたんですが、雨で寒くて体が硬くなってしまい肩はコリコリ、
背中はバキバキ・・・おとなしく釣りを終了して、前回と同じく早上がりとしました。

181011-092943001_R.jpg

産卵後の夏に比べると、今頃釣れるマダイは堂々とした魚体で体力も充分回復しているので
アタリを掛け合わせてからのマダイとのやり取りは最高にスリリングです。
ロッドでためて、ドラグでいなして、マダイがこっち向いたら巻き取って・・・

181011-131411002_R.jpg
いちばん大きいので55㎝くらい。

やっと祭りが終わった

181007-200254001_R.jpg

笠神社秋季例大祭2日目。商店街連合大人神輿の夜の部参宮の様子です。
要するにこれがガチの本番という場面です。

最近では私は神輿に肩を入れることはなくて、神輿に随行して担ぎ手の休憩時に
水分(時々アルコール)の補給の給仕係として後方支援にまわっています。

冷たいビールやお茶、その他飲料のイッパイ入った発砲スチロールのボックスを
手押し車に載せて巡行する神輿につかず離れずついて行きます。
それって猫に鰹節の番・・的な失礼なことを言う馬鹿が時々いますが、
巡行の仕事中はあまり呑みません。 やっぱり呑むのか。


181007-201002002_R.jpg

今日は朝から本陣の片づけと神輿の綱解き解体、格納の各作業でした。
神輿にいただいた御祝儀の集計作業までが済んだら、とりあえずのところは終わりです。

しめ縄〆の子

181005-142404001_R.jpg

神社総代さんからしめ縄と〆のこが配られました。
例年、祭り初日の午前8時くらいから、町内全体に飾っていきます。

〆の子は薄い半紙に切り込みを入れて作られたものなので
吊るしたところへまともに雨が降って風が吹きつけると、
濡れ落ちて残念な事にもなりかねません。

台風が接近中で明日朝の予報はくもり。
風が強いのは仕方ないとして、雨だけは勘弁してほしいところです。

〆の子というのは紙の飾りのことではないのでしょうが、
うちの地区では昔からこの呼び名・・・

本陣の下準備

181001-150755001_R.jpg

商店街連合大人神輿の本陣へ紅白幕を張ってきました。
昨日が作業日でしたが、都合で参加できなかったので、
責任の担当箇所を独りでごそごそ作業しました。

すでに綱の絡めが出来上がった神輿が建物内に運び込まれています。
金曜日の夜に、表に運び出すそうです。その時はちゃんとお手伝いしますので!

神棚

180929-160949001_R.jpg

大人みこし本陣の神棚を祀る準備をしています。
東本町の笠原一和堂さんに出向き、榊を挿す瓶、酒の器、米と塩を盛る小皿、
それら一式を盛る盆を各新調。神具のレイアウトは店主さんに教わりました。



180929-150330001_R.jpg

盆の縁には継ぎ目があるので、この部分を人間側へ向けて、神様側には
継ぎ目のないきれいな縁を向けるようにとのこと。

知らなかった・・とは言え、今までぞんざいな祀り方をしていました。反省。

もうじき祭り

来月6日と7日は笠神社秋季例大祭。商店街連合の大人神輿では、日曜日に
若い担ぎ手メンバ―が中心になって神輿の綱掛け作業が予定されています。
雨風をしのげる龍谷高校で絡めの作業ができるように段取りできたとの連絡
があって一安心でした。今年も事故の無いように祭ができることを切に願っています。


180927-160819001_R.jpg
180927-160931003_R.jpg
180927-160914001_R.jpg
夕刻で太陽が堤防の向こう側に落ちると、快適な日陰ができます。
お座り状態でいつまでもくつろぎまくるルーニー。
オヤジに延々と付き合わされる長歩きは年齢的にそろそろ嫌なのかな?