FC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

仕上げ

190221-130729001_R.jpg
最終段階のクリア塗装です。

190221-130946002_R.jpg
色合いはこんな感じで、褐色と呼んでもいいかもしれません。
細い穂先のせいぜい15㎝程を仕上げるだけなので
塗料の量は、小さい筆の先で絡めてチョコっと取り出すくらいです。

190221-131127003_R.jpg
濃いとボテッとついてしまいますから、面倒でも
シンナーで、倍くらいに薄めて筆塗りします。

190221-131604004_R.jpg
朱赤でカラーにした部分にも塗り重ねます。
竿としては、この段階でもう使用することができます。
あともう一回クリアを塗り重ねたらとりあえず完成となります。
細い穂先はウマく写りませんねー

もうチョイで完成

190217-210809001_R.jpg
朱赤、塗ってみると視認しやすい感じです。
実際には、穂先を海面にかなり近づけて釣りをしますので
あおい海の色にはたぶんグッと映えてくれるはずです。

色数を増やして製作した方が、視覚的には楽しいのですが
実際に使用してみると、何時間もこの穂先を見つめるかかり釣りでは
この位の素気ないカラーリングの方が(私の場合)眼にはかえってラクなんです。

あとは仕上げに薄めたカシュ―「クリア」を2回塗り重ねたら完了です。
クリアは全くの透明でなくやや飴色なので、仕上がるとグッと竿らしくなります。

カシュ―塗料

190218-112526001_R.jpg
穂先ガイドのカラーリングに使っているのは、カシュ―の「小豆色」。
しばらくぶりに開けてみると、残念なことにカラカラに固まってました。


190217-210430001_R.jpg
なので今回は代役として「朱赤」でやってみようかなと。
小豆色より明るい色で、前に一度だけブランクのカラーリングに試してみましたが
仕上がり具合がまるで気に入らなかったのでお蔵入りになっていました。

穂先ガイド装着

190217-130933002_R.jpg
削り上げた穂先には、1.5ミリ程度にカットしたウレタンチューブを通して
そこにあらかじめ足をカットしたガイドを差し込んで瞬間接着剤で接着します。

ガイドの装着の作業。

190217-125156001_R.jpg
今回は先端から3つ目までを1.0ミリガイドにしました。
スローテーパーな穂先で、ガイドの間隔はやや広めです。

接着部分を充分硬化させたら、こんどはカラーリングと仕上げうるしなんですが
気温が低いとカシュ―塗料の乾きが悪いので、本来はこんな冬場にする作業では
ないのかもしれません。自宅に加温ができる専用のムロでも作れば話は別ですが・・・

ウチのおもち

  • Day:2019.02.12 20:59
  • Cat:食す
190212-125247001_R.jpg


&豆もちはパン焼き器のミキシング機能で自家製したものを冷蔵保存しています。
冷蔵庫でキンキンに冷えたのを、そのままオーブントースターで焼こうとすると
うまく膨れてこんがり焼き目をつけるまでには、軽く15分以上はかかってしまいます。

レンジで軽~くチン(500Wでものの15秒)で、ほんの少しだけ軟らかくして
オーブントースターで焼き上げると、1200Wなら5分程でイイ具合です。 フライパン用ホイルは必須
レンジでの加熱が過ぎるとおもちがネトネトに蕩けてしまいますのでご用心を。

ということで、お昼は焼いた丸もち(をぶち込んだ・・)力うどん。

イノシシ


大潮&ベタ凪。
夜釣りのメバルシーズンにはチョッと早いかもしれないけど、もう産卵も終わって
そろそろ釣れるはずと、甘い期待でマイポイントへ出掛けました、、、、が

ポイントへ到着すると、そこにいたのはなんとイノシシ。
クルマのヘッドライトを上げっ放しで照らしながらしばらく静観していると、どうにか
立ち去ってくれたので、しばらくの後、恐る恐るクルマを降りて釣りを開始しました。

満潮の潮止まりでボイルも所々、護岸の照明で水面近くに浮き上がった
メバルの魚影も確認できて、下げ潮が本格的に流れだしたら直ぐにでも
釣れそうな気配がムンムンです。

しかし、、ここで活性が上がったのはさっきから気になっていたイノシシ。
向こうの護岸の草むらでガサゴソ、駐車場をウロウロ・・・・

もうこうなると、さすがに恐くて釣りを続ける気にもなりませんし
何といっても安全第一です。イノシシとなにかのトラブルや
つまらない怪我があってからでは遅いので、さっさと退散したのでした。

春待ち


朝から陽射しもたっぷりで気温は11℃もあったらしい。
新聞を取り込もうと表へ出た時、強く吹いていた南向きの風
あれは自分の中ではまぎれもなく「春一番」でした。

190204-163927001_R.jpg
ウチのニオイスミレが咲き出したら、もうそろそろ冬は終わりです。

MUST BE UKTV

  • Day:2019.02.02 20:02
  • Cat:音楽
昼食休憩でTVを。夜明けのBSを録画しているのを思い出して
再生するとティナ・ターナーがHot Legsをシャウトしてた。

190202-135855001_R.jpg
MUST BE UKTVは80年代にイギリスで放送された音楽番組を流す洋楽プログラムです。
当時ロンドンでは人気でも、日本でなかなか紹介されることがなかったバンドの映像なんかも
あって、おもしろいんですよ。 古いので画質はそれなり、でも見られるだけでなんかうれしい。

80年代か・・個人的な音楽の嗜好としては、だいたいこの辺(まで)でかたまっているな・・・

見つけてしまった・・・

夜もええ頃遅いのですが、竿の廃材ばっかりを集めた、
というかドシ込んである箱から、軟らかめの穂先を製作するのに
適当なのをガサガサ探していると、いいのがありました。
190130-230854001_R.jpg
かかり竿穂先の自作を始めたばかりの頃、何もわからず買って失敗した
グニャグニャ調子のグラスソリッドで製作した穂先です。
こういう軟調なソリッドは、もう使うこともないだろうと仕舞い込んでいたものです。

190130-224518001_R.jpg
まるでピンボケですが、ドリルに噛ましてサンドペーパーで
穂先を削っているところです。
190130-225730001_R.jpg
6Bのガン玉オモリをぶら下げてほんの少し先端が下がる程度。
ここからさらにグーっと引っ張るとフワ~っと舞いこむ感じの
いわゆる「喰わせ調子」・・・に削り上げたつもり。

Ready to fly

190129-123807001_R.jpg
午前中の陽が入る時間帯だと、二階の窓際は南の楽園。
毛皮のルーニーには暖か過ぎるらしく、床で腹這いでした。
飛んでる夢でも見てるのかな?